Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SAP Sybase SQL Anywhere 16.0 » SQL Anywhere サーバ データベース管理 » データベース管理 » SQL Anywhere グラフィカル管理ツール » Sybase Central » [SQL Anywhere 16] プラグイン

 

ER (実体関連) 図の表示

Sybase Central を使用して、データベースのテーブルの ER 図を表示できます。また、ER 図のレイアウトをインポートおよびエクスポートすることもできます。

前提条件

PUBLIC システムロールが必要です。

 ♦ タスク
  1. Sybase Central で、[SQL Anywhere 16] プラグインを使用してデータベースに接続します。

  2. データベースを選択し、右ウィンドウ枠の [ER 図] タブをクリックして ER 図を表示します。

  3. [ファイル] » [ER 図のテーブルを選択] をクリックし、ER 図に表示するテーブルを指定します。

  4. [OK] をクリックします。

  5. オプションで、データベースのフィルタリングセットを調整して、図に表示するテーブルを変更します。

    図のテーブルは、データベースのフィルタリング設定に従って表示されます。テーブルは所有者に基づいてフィルタリングされます。[ファイル] » [所有者フィルタの設定] をクリックします。

  6. 図でオブジェクトを整列させます。オブジェクトをドラッグしてレイアウトを変更します。レイアウトの変更は、Sybase Central セッション間で保持されます。また、[ファイル] » [レイアウトのインポート] をクリックして、レイアウトをインポートすることもできます。

  7. (任意) テーブルをダブルクリックし、そのテーブルのカラム定義を表示します。

結果

ER 図が変更されます。

次の手順

[ファイル] » [レイアウトのエクスポート] をクリックし、ER 図をエクスポートします。

 参照