Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SAP Sybase SQL Anywhere 16.0 » SQL Anywhere サーバ データベース管理 » データベース管理 » SQL Anywhere グラフィカル管理ツール » Sybase Central » [SQL Anywhere 16] プラグイン

 

データベースの正常性と統計情報

設計モードでは、[概要] タブにデータベースサーバの概要と機能が表示されます。このタブには、次の項目があります。

  • [データベース]   このウィンドウ枠は左上隅にあり、データベースサーバに関する一般的な情報が表示されます。

    SQL Anywhere データベースサーバソフトウェアを更新するには、[更新のチェック] をクリックします。 ソフトウェアの更新を参照してください。

  • [機能]   このウィンドウ枠は左下隅にあり、データベースと、その製品および機能を視覚的に表示します。図のノードをクリックすると、右側の [正常性と統計情報] ウィンドウ枠で対応するセクションが展開し、もう一度ノードをクリックするとセクションが折りたたまれます。

    注意

    Mobile Link の情報の取り出しを開始する必要があります。そうしないと、これらのノードは不明なノードとしてグレー表示されます。 [MobiLink And Notifiers]を参照してください。

  • [正常性と統計情報]   このウィンドウ枠は右側にあり、データベースの全体的なステータスに関する統計と情報を表示します。次の折りたたみ可能なウィンドウ枠があります。

    • [統計情報]   ディスクとの間で読み書きされたページ数など、一般的な統計情報を表示します。スケジュールされていない要求がある場合は、警告を表示します。詳細を確認するには警告をクリックしてください。

    • [DB 領域]   すべての DB 領域を表に示します。DB 領域のサイズがディスクの残り空き領域の 10 % に満たない場合や、DB 領域ファイルが見つからない場合は、警告を表示します。詳細を確認するには警告をクリックしてください。

    • [トランザクションログ]   必要に応じてトランザクションログとトランザクションログミラーの情報を表示します。このウィンドウ枠は、データベースにトランザクションログがある場合にのみ表示されます。ログファイルのサイズがディスクの残り空き領域の 10 % に満たない場合は、警告を表示します。詳細を確認するには警告をクリックしてください。

    • [接続しているユーザ]   接続しているユーザとトランザクションの統計情報を表示します。トランザクションがあれば、上位 5 つのトランザクション時間を表に示します。ブロックされた接続があれば、すべてのブロックされた接続を表に示します。ブロックされた接続がある場合は、警告を表示します。詳細を確認するには警告をクリックしてください。

    • [データベースのミラーリング]   システムのプライマリサーバに接続しているときに、プライマリサーバ、監視サーバ、ミラーサーバ、コピーサーバの情報とデータベースミラーリングシステムまたは読み込み専用スケールアウトシステムの情報を表示します。このウィンドウ枠は、ミラーリングまたはスケールアウトを使用している場合にのみ表示されます。監視サーバまたはミラーサーバが切断されている場合は、警告を表示します。詳細を確認するには警告をクリックしてください。

    • [リモートサーバ]   データベースが使用するリモートサーバを表に示します。このウィンドウ枠は、リモートサーバが存在する場合にのみ表示されます。リモートサーバが切断されている場合や、リモートサーバが接続を確立できない場合は、警告を表示します。詳細を確認するには警告をクリックしてください。

    • [MobiLink And Notifiers]   Mobile Link および Notifier の統計値を表示します。このウィンドウ枠は、Mobile Link のテーブルとビューがデータベース内にある場合のみ表示されます。

      注意

      このウィンドウ枠の情報を再表示するには、[再表示] ボタンをクリックする必要があります。他のウィンドウ枠の情報と異なり、このウィンドウ枠の情報は、[表示]  » [再表示] をクリック (またはツールバーの [再表示] アイコンをクリック) しても再表示されません。再表示はデータベースのパフォーマンスに影響を与えることがあるため、この情報はユーザが個別に再表示する必要があります。

    • [SQL Remote ユーザ]   すべての SQL Remote ユーザと、それぞれの最後の送信時刻および受信時刻を表に示します。このウィンドウ枠は、データベースに SQL Remote ユーザが存在する場合にのみ表示されます。