Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SAP Sybase SQL Anywhere 16.0 » SQL Anywhere サーバ データベース管理 » 高可用性と読み込み専用のスケールアウトシステム » データベースミラーリング » データベースミラーリングシステムの管理

 

ミラーリングシステムからのミラーサーバの削除

ミラーサーバ定義 (CREATE MIRROR SERVER...AS PARTNER および CREATE MIRROR SERVER...AS MIRROR) を削除することで、ミラーシステムからミラーサーバを削除します。

前提条件

データベースミラーリングシステムの一部として実行されているミラーサーバは削除しないことをおすすめします。

削除できるのはミラーサーバだけです。削除したいサーバがプライマリサーバの場合は、プライマリサーバとミラーサーバのロールが切り替わるように、フェイルオーバを開始する必要があります。

MANAGE ANY MIRROR SERVER システム権限が必要です。

内容と備考

同じサーバ名を保持して設定内容を変更する場合、CREATE OR REPLACE MIRROR SERVER 文または ALTER MIRROR SERVER 文を使用できます。

 ♦ タスク
  1. プライマリサーバのデータベースに接続します。

  2. ミラーサーバに子コピーノードがある場合は、ALTER MIRROR SERVER 文を実行し、子コピーノードを別の親に再割り当てします。

  3. DROP MIRROR SERVER 文を実行し、ミラーサーバ名を指定して、ミラーサーバ定義を削除します。

    DROP MIRROR SERVER mirror_server_name;
  4. DROP MIRROR SERVER 文を実行し、パートナ名を指定して、パートナサーバ定義を削除します。

    DROP MIRROR SERVER partner_server_name;
  5. (省略可) データベースサーバの停止

結果

ミラーサーバが削除されます。コピーノードが残っている場合、データベースミラーリングシステムは読み取り専用スケールアウトシステムになります。

ミラーリングシステムのパートナサーバは、次の文で作成されます。



CREATE MIRROR SERVER mirror_server1
AS PARTNER
connection_string='SERVER=mirror_server1;host=localhost:6871'
state_file='c:\\server1\\server1.state';

CREATE MIRROR SERVER mirror_server2
AS PARTNER
connection_string='SERVER=mirror_server2;host=localhost:6872'
state_file='c:\\server2\\server2.state';       
  

CREATE MIRROR SERVER myprimary
AS PRIMARY
connection_string='SERVER=myprimary;HOST=localhost:6871,localhost:6872';

CREATE MIRROR SERVER mymirror
AS MIRROR
connection_string='SERVER=mymirror;HOST=localhost:6871,localhost:6872';

次の文を実行し、ミラーサーバ (mirror_server2) を削除します。

DROP MIRROR SERVER mirror_server2;
DROP MIRROR SERVER mymirror

 参照