Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SAP Sybase SQL Anywhere 16.0 » SQL Anywhere サーバ データベース管理 » 高可用性と読み込み専用のスケールアウトシステム » データベースミラーリング » データベースミラーリングシステムの設定

 

データベースミラーリングシステムがプライマリサーバを選択する仕組み

-xp on を指定して起動したデータベースサーバ (たとえば S1) で、ミラーリングが定義されていないデータベースを起動してからミラーリングを定義した場合、S1 がデータベースの初期プライマリサーバになります。

または、データベースミラーリングシステムを初めて設定するときに、ステータス情報ファイルがなく、データベースとトランザクションログのコピーが同じである場合、どちらのサーバでもプライマリとして使用できます。この場合は、サーバ名が比較され、名前の小さい方がプライマリサーバになります。たとえば、名前 server1 は server2 より小さいので、server1 がプライマリサーバになります。

最初に起動するときは、ロールに合意できるように、両方のサーバが稼働し接続されている必要があります。ステータス情報ファイルに記録されている、以前のステータス情報がないため、監視サーバの存在だけでは不十分です。

通常の起動では、次の入力によって、どのサーバがプライマリサーバになるかが決まります。

  • ステータス情報ファイルの内容

  • 各データベースサーバのトランザクションログの位置

  • 優先プライマリサーバの指定

 参照

データベースミラーリングシステムで使用するデータベースサーバ