Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SAP Sybase SQL Anywhere 16.0 » SQL Anywhere サーバ データベース管理 » SQL Anywhere データベース接続 » 通信プロトコル

 

TCP/IP プロトコル

SQL Anywhere は、異なるコンピュータ上で実行中のデータベースにクライアントを接続するために TCP/IP を使用します。

TCP/IP プロトコルを使用するときは、トランスポートレイヤセキュリティと RSA 暗号化テクノロジを使用して、クライアント/サーバ通信を安全化できます。TCP/IP を使用したクライアント/サーバ通信の暗号化を参照してください。

 UDP
 Windows での TCP/IP の使用
 参照

TCP/IP を使用したクライアント/サーバ通信の暗号化
SQL Anywhere での IPv6 サポート
ファイアウォール接続
ダイヤルアップネットワーク接続 (CommLinks 接続パラメータ)
ネームサーバとして LDAP を使用した接続
通信の圧縮設定