Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SAP Sybase SQL Anywhere 16.0 » SQL Anywhere サーバ データベース管理 » SQL Anywhere データベース接続 » データベース接続

 

ODBC データソースを使用した接続 (Interactive SQL の場合)

コマンドプロンプトで Interactive SQL ユーティリティを使用し、DataSourceName (DSN) 接続パラメータを使用することで、ODBC データソースを使用してデータベースに接続できます。

前提条件

接続するデータベースの ODBC データソースを使用します。

SQL Anywhere 16 Demo データソースは、データベースサーバとデータベースがまだ稼働していない場合、データベースサーバとデータベースを起動するように設定されています。ODBC データソースがデータベースとデータベースサーバを起動するように設定されていない場合は、ユーザがそれらを起動する必要があります。たとえば、次のコマンドを実行して、サンプルデータベースを起動します。

dbsrv16 -n demo16 "%SQLANYSAMP16%\demo.db"

内容と備考

接続文字列と ODBC データソースがどちらも同じ接続パラメータを指定する場合、接続文字列の値が使用され、データソースからの値は無視されます。

注意

この接続では、ユーザ ID とパスワードはすでに SQL Anywhere 16 Demo データソースにあるので入力する必要はありません。

運用環境ではパスワードを ODBC データソースに格納しないことをおすすめします。

 ♦ タスク
  • ODBC データソース名を使って接続するために次のコマンドを実行します。

    dbisql -c "DSN=SQL Anywhere 16 Demo"

結果

Interactive SQL が起動され、サンプルデータベースに接続します。

 参照