Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SAP Sybase SQL Anywhere 16.0 » SQL Anywhere サーバ データベース管理 » 高可用性と読み込み専用のスケールアウトシステム

 

データベースミラーリング

「データベースミラーリング」」とは、異なるコンピュータ上で実行されている 3 つのデータベースサーバが連携してデータベースやトランザクションログファイルのコピーを保持する構成です。

「プライマリサーバ」「ミラーサーバ」は、それぞれデータベースファイルおよびトランザクションログファイルのコピーを保持します。プライマリサーバにはデータベースの書き込み専用のコピーが保持され、それに対してミラーサーバにはデータベースの読み取り専用のコピーが保持されます。「監視サーバ」と呼ばれる 3 番目のサーバは、他の 2 つのサーバのどちらがデータベースの所有権を持つのかを判断する必要があるときに使用されます。データベースの所有権は、データベースの読み書きコピーを保持するサーバを参照します。監視サーバはデータベースのコピーを保持しません。この 3 種類のデータベースサーバ (プライマリ、ミラー、監視の各サーバ) による構成は「ミラーリングシステム」と呼ばれ、プライマリサーバとミラーサーバは併せて「パートナ」サーバと呼ばれます。

プライマリサーバ、監視サーバ、ミラーサーバで構成されたデータベースミラーリングシステム。

クライアントがデータベースにアクセスする場合は、プライマリサーバに接続します。データベースに対するあらゆる変更は、プライマリサーバ上のトランザクションログファイルに記録されます。変更がコミットされると、トランザクションログページがミラーサーバに送信され、データベースのミラーコピーに適用されます。サーバがミラーサーバとして動作している間は、そのミラーサーバにあるデータベースのコピーには読み込み専用モードでのみアクセスできます。

注意

データベースミラーリングには別途ライセンスが必要です。別途ライセンスが必要なコンポーネントを参照してください。

 参照

監視サーバ
データベースミラーリングでのクォーラム
データベースミラーリングと Mobile Link
データベースミラーリングでのアプリケーション開発の考慮事項
データベースミラーリングシステムの設定
データベースミラーリングシステムの管理
トラブルシューティング:データベースミラーリングシステム
チュートリアル:データベースミラーリングシステムの作成
チュートリアル:監視サーバを共有している複数データベースでデータベースミラーリングシステムを作成する
チュートリアル:監視サーバの移動
チュートリアル:パートナサーバの移動