Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SAP Sybase SQL Anywhere 16.0 » SQL Anywhere サーバ データベース管理 » SQL Anywhere データベース接続 » チュートリアル:SQL Anywhere データベースの作成

 

レッスン 1:データベースファイルの作成

データを保持するデータベースファイルを作成します。データベースファイルには、システムテーブルと、すべてのデータベースに共通するその他のシステムオブジェクトが格納されます。

前提条件

このレッスンでは、このチュートリアルの開始時に、権限のセクションで一覧されているロールと権限を持っていることを前提としています。 チュートリアル:SQL Anywhere データベースの作成

 ♦ タスク
  1. Sybase Central を起動します。[スタート] » [プログラム] » [SQL Anywhere 16] » [管理ツール] » [Sybase Central] をクリックします。

  2. [データベース作成ウィザード] を起動します。[ツール] » [SQL Anywhere 16] » [データベースの作成] をクリックします。

    1. [ようこそ] ページで、[次へ] をクリックします。

    2. [このコンピュータにデータベースを作成] をクリックし、[次へ] をクリックします。

    3. [メインデータベースファイルを保存] フィールドに、c:\temp\mysample.db と入力します。

      テンポラリフォルダとして c:\temp 以外のディレクトリを使用する場合は、適切なパスを指定します。

    4. [DBA ユーザとパスワードの指定] ページで、DBA ユーザ ID とパスワードを指定します。デフォルトでは、ユーザ名が DBA、パスワードは sql です。ただし、データベースの安全を確保するために、これらの設定を変更することをおすすめします。

    5. [完了] をクリックしてから、[閉じる] をクリックします。

      自動的に DBA ユーザとしてデータベースに接続されます。

結果

データベースが作成され、そのデータベースに接続します。

 参照