Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SAP Sybase SQL Anywhere 16.0 » SQL Anywhere サーバ データベース管理 » SQL Anywhere データベース接続 » チュートリアル:SQL Anywhere データベースの作成

 

レッスン 4:外部キーの作成

外部キーを作成して、テーブル間の関係を作成します。

前提条件

このレッスンは、受講者がこれまでのすべてのレッスンを終了していることを前提としています。レッスン 1:データベースファイルの作成を参照してください。

このレッスンでは、このチュートリアルの開始時に、権限のセクションで一覧されているロールと権限を持っていることを前提としています。 チュートリアル:SQL Anywhere データベースの作成

 ♦ タスク
  1. Sybase Central の左ウィンドウ枠で、[テーブル] をダブルクリックします。

  2. [SalesOrderItems] テーブルをクリックします。

  3. 右ウィンドウ枠で、[制約] タブをクリックします。

  4. [外部キー作成ウィザード] を起動します。[ファイル] » [新規] » [外部キー] をクリックします。

    1. [この外部キーが参照するテーブルを指定してください。] リストで、[Products] テーブルをクリックします。

    2. [新しい外部キーの名前を指定してください。] フィールドに ProductIDkey と入力します。

    3. [次へ] をクリックします。

    4. [この外部キーが参照する主キー制約または一意性制約を指定してください。] フィールドで [プライマリキー] をクリックします。

    5. [外部カラム] リストで、[SalesOrderItemsID] をクリックします。

    6. [完了] をクリックします。

結果

SalesOrderItems テーブルの外部キーが作成されました。

これで、データベースの作成のチュートリアルを完了しました。

次の手順

データベースに情報を挿入してください。

 参照