Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SAP Sybase SQL Anywhere 16.0 » SQL Anywhere サーバ データベース管理 » SQL Anywhere データベース接続 » データベース接続

 

組み込みデータベースの接続

「組み込みデータベース」は、単一アプリケーションで使用するために設計されており、アプリケーションと同じコンピュータ上で稼働し、通常はユーザから隠されています。

アプリケーションが組み込みデータベースを使用する場合、アプリケーションの接続時には、通常、パーソナルサーバは動作していません。データベースを起動するには、接続文字列を使用し、接続文字列の DatabaseFile (DBF) パラメータでデータベースファイルを指定します。

自動的に起動されるデータベースのクエリのパフォーマンスを向上するには、ユーザがすぐに接続しない場合でも、データベースをできるだけ早く起動します。このようにすることで、データベースに対してクエリが実行される前にキャッシュの準備が完了します。

 ServerName (Server) 接続パラメータの使用
 DatabaseFile (DBF) 接続パラメータの使用
 StartLine [START] 接続パラメータの使用
 Elevate 接続パラメータの使用
 例
 参照