Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SAP Sybase SQL Anywhere 16.0 » SQL Anywhere サーバ データベース管理 » ユーザとデータベースのセキュリティ » データのセキュリティ » データベースの暗号化と復号化 » カラムとテーブルの暗号化

 

データベース内のテーブル暗号化の有効化 (dbinit ユーティリティの場合)

データベースの作成中にコマンドラインを使用して、テーブル暗号化を有効にすることができます。

前提条件

テーブル暗号化は、データベースの作成時に有効にして設定する必要があります。データベースでテーブル暗号化が有効になっていない場合、またはデータベース暗号化が有効な場合は、テーブル暗号化を有効にしてデータベースを再作成する必要があります。

 ♦ タスク
  • dbinit で -et オプションと -ek オプションを指定し、キーと暗号化アルゴリズムも指定して、データベースを作成します。

結果

テーブル暗号化は有効です。

次のコマンドでは、キー abc と AES256_FIPS 暗号化アルゴリズムを使用するテーブルで強力な暗号化が有効なデータベース new.db を作成し、DBA ユーザ ID を、sql というパスワードで DBA に設定します。

dbinit -dba DBA,sql new.db -et -ek abc -ea AES256_FIPS

このデータベース内のテーブルを暗号化するときには、AES256_FIPS アルゴリズムと abc キーが使用されます。