Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SAP Sybase SQL Anywhere 16.0 » SQL Anywhere サーバ データベース管理 » ユーザとデータベースのセキュリティ » データのセキュリティ » データベースの暗号化と復号化 » カラムとテーブルの暗号化

 

テーブルの暗号化

暗号化されたテーブルを CREATE TABLE 文で作成するか、既存のテーブルを ALTER TABLE 文で暗号化することができます。

前提条件

CREATE TABLE 文を使用するには、次のシステム権限のいずれかが必要です。

  • CREATE TABLE
  • CREATE ANY TABLE
  • CREATE ANY OBJECT

ALTER TABLE 文を作成するには、変更するテーブルの所有者であるか、次のいずれかの権限を持っている必要があります。

  • そのテーブルに対する ALTER 権限
  • ALTER ANY TABLE
  • ALTER ANY OBJECT

データベース内のテーブルを暗号化するためには、そのデータベースでテーブル暗号化が有効になっている必要があります。

内容と備考

テーブルを暗号化するときは、データベースの作成時に指定した暗号化のアルゴリズムとキーが使用されます。

 ♦ タスク
  • 暗号化が有効なテーブルを作成するか、既存のテーブルを暗号化することができます。

    オプション アクション
    暗号化が有効なテーブルを作成する CREATE TABLE 文の ENCRYPTED 句を使用してテーブルを作成します。
    既存のテーブルを暗号化する ALTER TABLE 文の ENCRYPTED 句を使用してテーブルを暗号化します。

結果

テーブルが暗号化されます。

次のコマンドは、暗号化されたテーブル MyEmployees を作成します。

CREATE TABLE MyEmployees (
 MemberID CHAR(40),
 CardNumber INTEGER )
ENCRYPTED;

次の文は、MyEmployees2 というテーブルを作成してから暗号化します。

CREATE TABLE MyEmployees2 (
   MemberID CHAR(40),
   CardNumber INTEGER );
ALTER TABLE MyEmployees2 
   ENCRYPTED;

 参照