Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SAP Sybase SQL Anywhere 16.0 » SQL Anywhere サーバ データベース管理 » データベースのメンテナンス » スケジュールとイベントの使用によるタスクの自動化

 

システムイベント

SQL Anywhere は、いくつかのシステムイベントを追跡します。各システムイベントが提供するフックに一連のアクションをハングすることができます。データベースサーバはイベントを追跡し、システムイベントが定義された「トリガ条件」を満たしたときに (イベントハンドラに定義された) アクションを実行します。

イベントハンドラを定義して、選択したシステムイベントタイプが発生し、定義したトリガ条件を満たしたときに実行されるようにします。このようにしておくことで、データのセキュリティが向上し、管理が容易になります。イベントハンドラの動作は、実行中にエラーが検出されなければコミットされ、エラーが検出された場合はロールバックされます。

 参照

システムイベントタイプ
イベントのトリガ条件