Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SAP Sybase SQL Anywhere 16.0 » SQL Anywhere サーバ データベース管理 » ユーザとデータベースのセキュリティ » ユーザのセキュリティ (ロールと権限) » 権限

 

オブジェクトレベル権限の付与 (Sybase Central の場合)

オブジェクトレベル権限を付与して、テーブル、ビュー、プロシージャ、シーケンス、または DB 領域などの特定のオブジェクトへのアクセスを許可します。権限は、ユーザごと、ロールごと、またはデータベースオブジェクトごとに表示したり、変更したりできます。

前提条件

オブジェクトレベル権限を付与するには、次のいずれかの条件に該当する必要があります。

  • 権限を付与しているデータベースオブジェクトの所有者である。

  • 権限を付与されており、管理権限がある。

  • MANAGE ANY OBJECT PRIVILEGE システム権限がある。

内容と備考

権限は、ロールに付与すると、ロールのメンバーによって継承されます。

 ♦ タスク
  1. Sybase Central で、[SQL Anywhere 16] プラグインを使用してデータベースに接続します。

  2. 左ウィンドウ枠で、[ユーザ] をダブルクリックして、ユーザを選択します。

  3. 右ウィンドウ枠で該当する権限のタブをクリックします。たとえば、テーブルに関する権限を付与するには、[テーブル権限] タブをクリックします。

    タブには、明示的にユーザに付与された権限が一覧表示されています。

  4. ウィンドウ枠の任意の場所を右クリックして、[新規] » [権限] をクリックします。

  5. 権限を付与するデータベースオブジェクトを選択し、[OK] をクリックします。

    データベースオブジェクトがローとしてタブに追加されます。デフォルトでは、データベースオブジェクトのすべての権限が付与されています。

  6. (省略可) データベースオブジェクトでユーザに付与される権限を変更するには、該当する [権限] タブに表示されるテーブルの関連セルをクリックします (セル定義の凡例を参照)。

    チェックマークにより、権限がユーザに付与されます。プラス記号 (+) 付きのチェックマークは、ユーザに権限を付与し、ユーザに他のユーザへの同じ権限を付与する権限を付与します。プラス記号 (+) 付きのチェックマークは、WITH GRANT OPTION 句付きの GRANT 文を実行することと同等です。

    [テーブル権限] タブでテーブルを選択すると、対応する [カラム権限] テーブルが下に表示されます。カラム権限を変更すると、[付与されている、または付与オプション付きで付与されているカラム権限] アイコンが [テーブル権限] テーブルに表示されます。テーブル権限の変更は、特定のカラム権限を付与できるかどうかに影響します。

    ヒント
    • 変更を取り消すには、[権限] タブにある 1 つ以上のローを選択して、[編集] » [元に戻す] をクリックします。

    • [凡例] をオンまたはオフにするには、[ファイル] » [凡例を表示] をクリックします。

  7. [ファイル] » [保存] をクリックします。

結果

指定したオブジェクトレベル権限がユーザに付与されます。

 参照