Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SAP Sybase SQL Anywhere 16.0 » SQL Anywhere サーバ データベース管理 » ユーザとデータベースのセキュリティ » ユーザのセキュリティ (ロールと権限) » 権限

 

システム権限の付与 (Sybase Central の場合)

システム権限を付与して、ユーザまたはロールに、データベースでの操作の実行を許可します。

前提条件

付与するシステム権限に対して管理権限を持っている必要があります。

 ♦ タスク
  1. Sybase Central で、[SQL Anywhere 16] プラグインを使用してデータベースに接続します。

  2. [システム権限] をダブルクリックし、システム権限を選択します。

  3. 右ウィンドウ枠で、[被付与者] タブをクリックします。

  4. ウィンドウ枠の任意の場所を右クリックして、[新規] » [被付与者] を選択します。

  5. システム権限を付与するユーザまたはロールを選択します。

  6. [OK] をクリックします。

    [システム権限] テーブルに新しいローが追加されます。

  7. (省略可) [管理] (管理権限) カラムを使用して、システム権限の管理権限を変更します。カラムのチェックマークは、ユーザまたはロールがシステム権限を管理 (付与または取り消し) できることを意味します。空のカラムは、ユーザまたはロールがそのシステム権限に対する管理権限を持たないことを示します。オプションを切り替えるには、カラムをクリックします。

    (省略可) [発動] (行使権限) カラムを使用して、ユーザまたはロールの行使権限を変更します。カラムのチェックマークは、ユーザまたはロールがシステム権限を行使できることを意味します。行使権限はデフォルトで付与されます。オプションを切り替えるには、カラムをクリックします。

  8. (省略可) CHANGE PASSWORD または SET USER システム権限を付与した場合、[オプション] カラムには [すべてのユーザ] が含まれます。[オプション] カラムはこれら 2 つのシステム権限にのみ適用されます。

    • CHANGE PASSWORD システム権限を付与した場合、デフォルトでは、ユーザまたはロールは任意のユーザのパスワードを変更できます。変更できるパスワードを所有するユーザを制限するには、ローを右クリックし、[オプションの設定] をクリックします。

    • SET USER システム権限を付与した場合、デフォルトでは、ユーザまたはロールは任意のユーザを同一化できます。同一化できるユーザを制限するには、ローを右クリックし、[オプションの設定] をクリックします。[オプション] カラムは CHANGE PASSWORD および SET USER システム権限にのみ適用されます。

  9. [ファイル] » [保存] をクリックします。

結果

ユーザまたはロールにシステム権限が付与されます。ロールにシステム権限を付与した場合、そのロールを付与されたユーザまたはロールはいずれも、新しいシステム権限を継承します。

 参照