Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SAP Sybase SQL Anywhere 16.0 » SQL Anywhere サーバ データベース管理 » 高可用性と読み込み専用のスケールアウトシステム » データベースミラーリング » データベースミラーリングでのアプリケーション開発の考慮事項

 

ミラーリングシステムでのデータベースへの接続

Host 接続パラメータで両方のパートナのアドレスを指定し、ServerName 接続パラメータで各サーバの代替名を指定することで、プライマリサーバまたはミラーサーバのいずれかでデータベースに接続します。

前提条件

ミラーリングサーバパートナが実行中である必要があります。

内容と備考

ミラーリングシステムでは、どのデータベースサーバがプライマリサーバで、どのデータベースサーバがミラーサーバとして動作しているかが不明なこともあります。

データベースに再接続できるクライアントを作成する (たとえば、フェイルオーバが発生した場合、ユーザがアプリケーションをシャットダウンして再起動する必要が生じることがあります)。

 ♦ タスク
  • ミラーリングされたデータベースを実行しているプライマリサーバまたはミラーサーバに接続するには、接続文字列に次の接続パラメータを含める必要があります。

    • サーバ  

      • プライマリサーバに接続するには   次のオプションのうちの 1 つを選択してください。

        オプション アクション
        ServerName 接続パラメータ

        データベースミラーリングシステムのプライマリデータベースサーバの代替サーバ名を指定します。これは、CREATE MIRROR SERVER primary_alternate_server_name AS PRIMARY ... 文によって定義された名前です。

        NodeType 接続パラメータ

        接続文字列で、NodeType (Node) 接続パラメータを MIRROR に設定します。

      • ミラーサーバに接続するには   次のオプションのうちの 1 つを選択してください。

        オプション アクション
        ServerName 接続パラメータ

        データベースミラーリングシステムのミラーデータベースサーバの代替サーバ名を指定します。これは、CREATE MIRROR SERVER mirror_alternate_server_name AS MIRROR ... 文によって定義された名前です。

        NodeType 接続パラメータ

        接続文字列で、NodeType (Node) 接続パラメータを PRIMARY に設定します。

    • HOST   両方のパートナのアドレスとポートを指定し、どちらのパートナが現在プライマリであるかということに関係なく、接続が正常に行われるようにします。パートナそれぞれのホストおよびポート情報は、CREATE MIRROR SERVER partner_server_name AS PARTNER connection_string='SERVER=partner_server_name;host=host_name:port_number 文の接続文字列で定義されます。

    RetryConnectionTimeout 接続パラメータを指定して、クライアントがいずれかのデータベースサーバに接続試行を繰り返す時間を制御できます。

結果

クライアントが指定したサーバに接続します。

たとえば、プライマリデータベースサーバに指定された名前が myprimary の場合、クライアントは接続文字列で接続パラメータ Server=myprimary を指定します。

...UID=user12;PWD=x92H4pY;Server=myprimary;HOST=myhost1:6871,myhost2:6872...

 参照

ミラーデータベースで実行されたクエリ
データベースミラーリングまたは読み取り専用スケールアウトシステムでのイベントの実行