Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SAP Sybase SQL Anywhere 16.0 » SQL Anywhere サーバ データベース管理 » 高可用性と読み込み専用のスケールアウトシステム » データベースミラーリング » データベースミラーリングシステムの管理

 

監視サーバの移動

新しいサーバを作成し、新しい監視サーバを使用するように監視ミラーサーバ定義を変更して、ミラーリングシステムを停止することなく監視サーバを移動します。

前提条件

MANAGE ANY MIRROR SERVER システム権限が必要です。

 ♦ タスク
  1. -su-xa-xf の各オプションを使用してサーバを起動し、監視サーバにします。次に例を示します。

    dbsrv16 -n demo_arbiter2 -x "tcpip(port=6873)" -xf c:\arbiter2\arbiter2.state -xa "AUTH=abc;DBN=mirror_demo" -su sql
  2. プライマリサーバに接続し、connection_string が新しい監視サーバのものになるように、ミラーリングシステムの監視ミラーサーバ定義を変更します。

    たとえば、次の文を実行して監視サーバ定義を新しいサーバのものに変更します。

    ALTER MIRROR SERVER demo_arbiter 
    AS ARBITER 
    connection_string='SERVER=demo_arbiter2;HOST=localhost:6873';

    プライマリサーバとミラーサーバが、その監視サーバから接続を切断して、新しい監視サーバに接続します。

  3. 数秒待ってから、古い監視サーバを停止します。

結果

監視サーバが新しいサーバに移動します。

次の手順

ミラーリングシステムの ArbiterState データベースプロパティに対して ping を実行し、新しい監視サーバがミラーリングシステムに接続していることを確かめます。たとえば、次のコマンドを実行します。

dbping -c "UID=DBA;PWD=sql;SERVER=mirror_demo_primary" -pd ArbiterState

ArbiterState の値が接続されます。

    SQL Anywhere Server Ping Utility Version 16.0.4157
    Type       Property                  Value
    ---------  ----------------          ------------------------------
    Database   ArbiterState              connected
  
 参照