Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SAP Sybase SQL Anywhere 16.0 » SQL Anywhere サーバ データベース管理 » データベース設定 » 国際言語と文字セット

 

推奨文字セットと照合

SQL Anywhere は数多くの文字セット、コードページ、エンコード、照合の名前を認識しますが、このトピックでは Windows プラットフォームと UNIX プラットフォームで使用が推奨されるものを使用言語別に示します。

dbinit -le オプションを使用すると、SQL Anywhere データベースで使用可能なすべての文字セットラベルのリストを取得できます。dbinit -l オプションを使用すると、SQL Anywhere データベースで使用可能な照合のリストを取得できます。初期化ユーティリティ (dbinit)を参照してください。

文字セットエンコードまたはラベルを指定する必要がある場合は、「文字セットラベル」列の値または dbinit -le によって表示されるいずれかのラベルを使用します。照合を指定する必要がある場合は、「照合」列か「代替照合」列の値または dbinit -l によって表示されるいずれかのラベルを使用します。

注意

Mac OS X の場合と次の表に示されていない言語については、UTF-8 エンコードを UCA 照合または UTF8BIN 照合と組み合わせて使用してください。

 Windows プラットフォーム
 UNIX プラットフォーム