Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SAP Sybase SQL Anywhere 16.0 » SQL Anywhere サーバ データベース管理 » SQL Anywhere データベース接続 » SQL Anywhere データベースサーバ » 認証 SQL Anywhere アプリケーション » 認証アプリケーションの開発

 

アプリケーションからの oem_string オプションのクエリ

oem_string データベースオプションによって、ユーザ指定の情報がデータベースファイルのヘッダページに格納されます。この値をアプリケーションからクエリできます。

前提条件

この作業を実行するための前提条件はありません。

内容と備考

oem_string オプションは、認証アプリケーションに対して設定されます。

 ♦ タスク
  1. データベースシステム DB 領域ファイルを開きます。

  2. ファイルの最初のページをバッファに読み込みます。

  3. バッファで、OEM 文字列の前後にある 2 バイトのプレフィクスおよびサフィックスシーケンスを検索します。

結果

プレフィクスとサフィックスの文字列は sqldef.h でそれぞれ、DB_OEM_STRING_PREFIX および DB_OEM_STRING_SUFFIX として定義されています。この 2 つの文字列の間にあるすべてのバイトによって、データベースで定義されている OEM 文字列が定義されます。

 参照