Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SAP Sybase SQL Anywhere 16.0 » SQL Anywhere サーバ データベース管理 » データベースのモニタリング » SQL Anywhere モニタ » モニタのバックアップ

 

モニタデータベースのバックアップコピーのリストア

モニタデータベースをバックアップコピーに置き換えることができます。

前提条件

モニタデータベースの有効なバックアップコピーが必要です。

 ♦ タスク
  1. モニタが実行されている場合は、停止します。

  2. バックアップフォルダから samonitor.db データベースファイルと samonitor.log トランザクションログファイルをコピーします。

  3. 現在のモニタデータベースファイルとトランザクションログファイルが格納されているフォルダに、これらのファイルを貼り付けます。プロンプトが表示されたら、既存のファイルを上書きします。

    バージョン 16.0 モニタデータベースファイルのデフォルトのロケーションを次の表に示します。

    オペレーティングシステム モニタのフォルダ

    Windows XP (SQL Anywhere とともにインストール)

    C:\Documents and Settings\All Users\Documents\SQL Anywhere \Monitor\samonitor.db
    Windows XP (別のコンピュータにインストール)
    C:\Documents and Settings\All Users\Documents\SQL Anywhere  Monitor\samonitor.db
    Windows Vista 以降 (SQL Anywhere とともにインストール)
    C:\Users\Public\Documents\SQL Anywhere 16\Monitor\samonitor.db
    Windows Vista 以降 (別のコンピュータにインストール)
    C:\Users\Public\Documents\SQL Anywhere 16 Monitor\samonitor.db
    Linux (SQL Anywhere とともにインストール)
    /opt/sqlanywhere16/samonitor.db
    Linux (別のコンピュータにインストール)
    /opt/sqlanywhere16/samonitor.db
  4. モニタを再起動します。

結果

データベースがバックアップコピーからリストアされます。