Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SAP Sybase SQL Anywhere 16.0 » SQL Anywhere サーバ データベース管理 » ユーザとデータベースのセキュリティ » ユーザのセキュリティ (ロールと権限) » 権限

 

オブジェクトレベル権限の取り消し (Sybase Central の場合)

ユーザまたはロールに付与されているオブジェクトレベル権限を取り消して、テーブル、ビュー、プロシージャ、シーケンス、または DB 領域などの特定のオブジェクトへのアクセスを制限します。

前提条件

オブジェクトレベル権限を取り消すには、次のいずれかの条件に該当する必要があります。

  • 権限を取り消しているデータベースオブジェクトの所有者である。

  • 権限を付与されており、管理権限がある。

  • MANAGE ANY OBJECT PRIVILEGE システム権限がある。

 ♦ タスク
  1. Sybase Central で、[SQL Anywhere 16] プラグインを使用してデータベースに接続します。

  2. 左ウィンドウ枠で、ユーザ権限を取り消すデータベースオブジェクトをクリックするか、[ユーザ] または [ロール] をクリックしてから権限を取り消すユーザまたはロールをクリックします。

    オプション アクション
    ユーザまたはロールごとのオブジェクトレベル権限の取り消し
    1. 右ウィンドウ枠で、権限を取り消すデータベースオブジェクトに対応する権限のタブをクリックします。たとえば、テーブルへの権限を取り消すには、[テーブル権限] タブをクリックします。

    2. 権限を右クリックし、[取り消し] をクリックしてから、[すべての権限] をクリックするか、取り消す特定の権限をクリックします。

    データベースオブジェクトごとのオブジェクトレベル権限の取り消し
    1. 右ウィンドウ枠で、[権限] タブをクリックします。

    2. ユーザまたはロールを右クリックし、[取り消し] をクリックしてから、[すべての権限] をクリックするか、取り消す特定の権限をクリックします。

  3. [ファイル] » [保存] をクリックします。

結果

権限は、指定されたユーザまたはロールから取り消されます。

 参照