Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SAP Sybase SQL Anywhere 16.0 » SQL Anywhere サーバ データベース管理 » SQL Anywhere データベース接続 » SQL Anywhere データベースサーバ

 

認証 SQL Anywhere アプリケーション

SQL Anywhere の OEM Edition は、アイエニウェア OEM パートナに提供されています。SQL Anywhere OEM Edition を使用すると、認証アプリケーションは、ユーザ ID に付与された権限に基づいて、データベース上で任意の操作を実行できます。

非認証で接続すると、読み込み専用アクセスとなり、テンポラリテーブルに対する挿入、更新、削除を実行できます。非認証接続を使用すると、ストアドプロシージャを使用して複雑なレポートを作成したり、Crystal Reports などのレポーティングツールを使用してアクセスしたりすることができます。

認証メカニズムは、他のすべてのアプリケーションプログラミング言語やツールとは無関係であり、接続ごとに独立して実行されます。したがって、アプリケーション内で、認証接続と、制限付きの非認証接続の両方を使用できます。

認証は、セキュリティメカニズムではありません。データベースに対して非認証データベースサーバを実行するユーザは、標準的な SQL 権限スキームに基づいて任意の操作を実行できます。


認証アプリケーションの開発