Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SAP Sybase SQL Anywhere 16.0 » SQL Anywhere サーバ データベース管理 » データベースのモニタリング » SQL Anywhere SNMP Extension Agent » SQL Anywhere SNMP Extension Agent

 

SQL Anywhere SNMP Extension Agent によるストアドプロシージャの実行

SQL Anywhere MIB には、SQL Anywhere SNMP Extension Agent を使用してストアドプロシージャを実行するための OID が格納されています。ストアドプロシージャを実行するには、SQL Anywhere SNMP Extension Agent が接続に使用するユーザが以下に示す要件のいずれか 1 つを満たしている必要があります。

  • プロシージャに対する EXECUTE 権限

  • プロシージャの所有者である

  • EXECUTE ANY PROCEDURE システム権限がある

プロシージャによって生成された結果セットや戻り値は無視されます。

SQL Anywhere SNMP Extension Agent を使用してストアドプロシージャを実行するには、saAgent.saProc (OID 1.3.6.1.4.1.897.2.3.5.dbdbsasnmp.ini ファイル内のデータベース番号) の値としてストアドプロシージャの名前を示す文字列を設定します。必要に応じて、プロシージャに引数を指定できます。引数を指定しなかった場合には、プロシージャ名の後に空のカッコが追加されます。

たとえば、saAgent.saProc の値として文字列 "pchin.updatesales( 'param1', 2)" を設定すると、ユーザ pchin が所有するストアドプロシージャ updatesales が呼び出されます。

この OID の値としてプロシージャ名を設定する方法は、使用する SNMP 管理ソフトウェアによって異なります。 SQL Anywhere MIBを参照してください。