Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SAP Sybase SQL Anywhere 16.0 » SQL Anywhere サーバ データベース管理 » SQL Anywhere データベース接続 » データベース接続

 

サンプルデータベースへの接続 (Sybase Central の場合)

サンプルデータベースに接続して SQL Anywhere を探索し、マニュアルで紹介している数多くの例を試します。

前提条件

  • Linux   Linux の [Applications] メニューをサポートする Linux バージョンが必要です。このメニュー項目は、SQL Anywhere インストール環境の一部としてインストールする必要があります。

  • UNIX   SQL Anywhere ユーティリティは、事前にソース化されている必要があります。UNIX および Mac OS X 環境変数を参照してください。

  • Mac OS X   SQL Anywhere ユーティリティは、事前にソース化されている必要があります。UNIX および Mac OS X 環境変数を参照してください。

内容と備考

Sybase Central は、データベースサーバ、データベース、データベースに含まれるオブジェクトを管理するために、SQL 文とコマンドラインユーティリティの代わりとして使用できるグラフィックツールです。

この手順は、Windows Mobile には該当しません。

 ♦ タスク
  1. [スタート] » [プログラム] » [SQL Anywhere 16] » [管理ツール] » [Sybase Central] をクリックして、Sybase Central を開きます。

    注意
    • Mac OS X   Finder で、/Applications/SQLAnywhere16 にある [Sybase Central] をダブルクリックします。

    • UNIX   ターミナルセッションで次のコマンドを実行します。
      scjview

    • Linux   [アプリケーション] » [SQL Anywhere 16] » [管理ツール] » [Sybase Central] をクリックします。

  2. [接続] » [SQL Anywhere 16 に接続] をクリックします。

  3. [アクション] ドロップダウンリストで、[ODBC データソースを使用した接続] をクリックします。

  4. [ODBC データソース名] をクリックし、その下のフィールドに SQL Anywhere 16 Demo と入力します。

    注意
    • この接続では、ユーザ ID とパスワードはすでに SQL Anywhere 16 Demo データソースにあるので入力する必要はありません。

      運用環境では、ODBC データソースにパスワードを格納しないでください。

    • データベースサーバは接続の前に実行中である必要はありません。その理由は、SQL Anywhere 16 Demo データソースによってデータベースサーバが自動的に起動されるからです。

  5. (省略可) このウィンドウで作成される接続文字列をコピーするには、[ツール] » [接続文字列をクリップボードにコピー] をクリックします。

  6. [接続] をクリックします。

結果

データベースサーバとデータベースが起動し、Sybase Central からサンプルデータベースに接続します。

 参照