Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SAP Sybase SQL Anywhere 16.0 » SQL Anywhere サーバ データベース管理 » ユーザとデータベースのセキュリティ » データのセキュリティ

 

セキュリティ機能

セキュリティ機能とは、データベースサーバ上で稼働するデータベースにアクセスできないようにする機能です。機能が保護されている (アクセス不可にされている) 場合は、クライアントアプリケーション、データベース定義ストアドプロシージャ、トリガ、イベントが機能を使用できません。セキュリティ機能の設定は、データベースサーバで稼働中のすべてのデータベースに適用されます。セキュリティ機能は、ウィルスなどの不明な組み込み論理が含まれる可能性のあるデータベースを起動する必要がある場合、または、データベースサーバまたはデータベースをサードパーティベンダが実行している状況でデータベースサーバをロックダウンする場合に便利です。-sf データベースサーバオプションを使用すると、データベースサーバで稼働中のデータベースに対して保護する機能を指定できます。

 デフォルトで保護されている機能
 セキュリティ機能キー
 参照

セキュリティ機能キーの作成