Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SAP Sybase SQL Anywhere 16.0 » SQL Anywhere サーバ データベース管理 » 高可用性と読み込み専用のスケールアウトシステム » SQL Anywhere Veritas Cluster Server エージェント » SADatabase エージェントの設定

 

SADatabase エージェントを使用してフェイルオーバするデータベースの設定

フェイルオーバの設定を行う前に、データベースをサービスグループに追加する必要があります。

前提条件

SQL Anywhere Veritas Cluster Server エージェントを使用するには、次のようにシステムを設定する必要があります。

  • Veritas Cluster Server 4.1 以降を使用する。

  • クラスタ内の各システムノードに SQL Anywhere を同じ構成でインストールする。

  • データベースファイルが、クラスタ内のすべてのシステムからアクセスできる共有記憶装置に格納されている。

  • ユーティリティデータベースのパスワードが、クラスタ内のすべてのシステムで同じである。

    SADatabase エージェントはユーティリティデータベースを使用して、特定のデータベースファイルを起動および停止します。クラスタに属しているすべてのシステムには、同じユーティリティデータベースパスワードを使用する必要があります。ユーティリティデータベースのパスワードを設定するには、データベースサーバの起動時に -su サーバオプションを指定します。

  • UNIX の場合、VCS エージェントは $SQLANY16/vcsagent/saserver にインストールされます。

 ♦ タスク
  1. 次の手順で、SADatabase をリソースとしてサービスグループに追加します。

    1. [Edit] » [Add] » [Resource] をクリックします。

    2. [Resource Type] リストから、[SADatabase] をクリックします。

      Windows では、[Resource Type] リストに SADatabase が表示されない場合、SADatabase.xml ファイルを %VCS_ROOT%\cluster manager\attrpool\Win2K\400 に追加して、クラスタサービスを再起動する必要があります。

    3. [Resource Name] フィールドに名前を入力します。

    4. 以下の各属性について、[Edit] 列のボタンをクリックして、次のように属性値を追加します。

      • DatabaseFile   データベースファイルのロケーション。たとえば、E:\demo.db

      • DatabaseName   データベースの名前。

      • ServerName   データベースサーバの名前。クラスタ内の各システムには異なるサーバ名を指定できます。属性のスコープは、Global ではなく、Per System にします。

      • UtilDBpwd   クラスタ内のすべてのシステムで使用されるユーティリティデータベースのパスワード。

    5. [Enabled] をクリックします。

      これにより、リソースの使用準備が整ったことを示します。

    6. [OK] をクリックします。

  2. リソースの依存性が適切に設定されていることを確認します。共有ディスクリソースや IP アドレスリソースなど、SADatabase を起動するために起動/グループ化しておく必要があるリソースが他にも存在します。

  3. サービスグループを右クリックして、[Online]  » [node-name] をクリックします。node-name は、リソースの実行に使用する、クラスタ内のコンピュータの名前です。

結果

これで、サービスグループがオンラインになります。

 参照