Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SAP Sybase SQL Anywhere 16.0 » SQL Anywhere サーバ データベース管理 » 高可用性と読み込み専用のスケールアウトシステム » SQL Anywhere Veritas Cluster Server エージェント » SADatabase エージェントの設定

 

SADatabase エージェントの設定

SADatabase エージェントは、SQL Anywhere データベースによるクラスタ内の別のノードへのフェイルオーバを制御します。

前提条件

SQL Anywhere Veritas Cluster Server エージェントを使用するには、次のようにシステムを設定する必要があります。

  • Veritas Cluster Server 4.1 以降を使用する。

  • クラスタ内の各システムノードに SQL Anywhere を同じ構成でインストールする。

  • データベースファイルが、クラスタ内のすべてのシステムからアクセスできる共有記憶装置に格納されている。

  • ユーティリティデータベースのパスワードが、クラスタ内のすべてのシステムで同じである。

    SADatabase エージェントはユーティリティデータベースを使用して、特定のデータベースファイルを起動および停止します。クラスタに属しているすべてのシステムには、同じユーティリティデータベースパスワードを使用する必要があります。ユーティリティデータベースのパスワードを設定するには、データベースサーバの起動時に -su サーバオプションを指定します。

  • UNIX の場合、VCS エージェントは $SQLANY16/vcsagent/saserver にインストールされます。

データベースを停止するには、offline.pl ファイルにデフォルトで SERVER OPERATOR システム権限が必要です。-gk サーバコマンドラインオプションを使用するとデフォルトの動作を変更できます。

ネットワークサーバでデータベースを起動するには、online.pl ファイルにデフォルトで SERVER OPERATOR システム権限が必要です。-gk サーバコマンドラインオプションを使用するとデフォルトの動作を変更できます。

 ♦ タスク
  1. クラスタの各ノードで実行されている SQL Anywhere データベースサーバをすべてシャットダウンします。

  2. クラスタ内のいずれか 1 つのノードに %VCS_HOME%\bin\SADatabase というディレクトリを作成します。

  3. 次のファイルを %SQLANY16%\VCSAgent\SADatabase ディレクトリから、手順 2 で作成した %VCS_HOME%\bin\SADatabase ディレクトリにコピーします。

    • Online.pl
    • Offline.pl
    • Monitor.pl
    • Clean.pl
    • SADatabase.xml
  4. ファイル %VCS_HOME%\bin\VCSdefault.dll%VCS_HOME%\bin\SADatabase ディレクトリにコピーし、名前を SADatabase.dll に変更します。

  5. ファイル %SQLANY16%\VCSAgent\SADatabase\SADatabaseTypes.cf%VCS_HOME%\conf\config ディレクトリにコピーします。

  6. クラスタに属するその他すべてのシステムについて、手順 1 ~ 5 を繰り返します。

  7. Veritas Cluster Server Manager を起動し、ユーザ名とパスワードを入力してクラスタに接続します。

  8. 次の手順で SADatabase エージェントを追加します。

    1. [File] » [Import Types] をクリックします。

    2. %VCS_HOME%\conf\config\ に移動して、[Import] をクリックします。

結果

SADatabase エージェントが設定されます。

 参照