Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SAP Sybase SQL Anywhere 16.0 » SQL Anywhere サーバ データベース管理 » ユーザとデータベースのセキュリティ » データのセキュリティ » データベースアクティビティの監査

 

監査の設定 (Interactive SQL の場合)

Interactive SQL を使用して、トランザクションログのセキュリティ関連情報の監査を設定できます。監査は、デフォルトではオフになっています。

前提条件

SET ANY SECURITY OPTION システム権限が必要です。

 ♦ タスク
  1. データベースに接続します。

  2. 監査を有効にするには次の文を実行します。

    SET OPTION PUBLIC.auditing = 'On';

    有効にする監査情報のタイプを指定するには、次のシステムプロシージャを使用します。

    CALL sa_enable_auditing_type( 'all' );

    all を、有効にする監査のタイプに置き換えることによって、収集する監査情報のタイプを制御できます。

  3. 監査を無効にするには次の文を実行します。

    SET OPTION PUBLIC.auditing = 'Off';

    無効にする監査情報のタイプを指定するには、次のシステムプロシージャを使用します。

    CALL sa_disable_auditing_type( 'all' );

    all を、無効にする監査のタイプに置き換えることによって、特定タイプの監査情報を収集の対象から除外できます。

結果

監査の動作が設定されています。

 参照