Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SAP Sybase SQL Anywhere 16.0 » SQL Anywhere サーバ データベース管理 » ユーザとデータベースのセキュリティ » ユーザのセキュリティ (ロールと権限)

 

チュートリアル:ロールと権限の付与 (SQL の場合)

ロールベースのセキュリティモデルでは、ユーザが特定のデータベース操作を実行するには、一定の権限またはロールを持っている必要があります。このチュートリアルであなたは、すべての管理機能を備えたデータベース管理者です。プロシージャのデバッグと、デバッグプロセス中に見つかったあらゆるエラーの修正を担当する 2 名の同僚が必要です。また、同じ同僚に、会社のデータベース (このシナリオでは、データベースは SQL Anywhere サンプルデータベースです) のバックアップの実行を担当してもらうことも必要です。最後に、この両方の同僚が、データベースの Employees テーブルを更新できることが必要です。

両方の同僚のユーザ ID を作成して、これらのタスクを行うために必要な権限とロールを両者に付与する必要があります。

 権限
 参照

レッスン 1:次の 2 名のユーザを作成します。ユーザ A とユーザ B (SQL)
レッスン 2:ユーザ A への権限の付与 (SQL の場合)
レッスン 3:ロールを作成してユーザ A に付与する (SQL の場合)
レッスン 4:ユーザ A をユーザ拡張ロールに変換し、そのロールをユーザ B に付与する (SQL の場合)
レッスン 5:ユーザ B のロールと権限を表示 (SQL の場合)