Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SAP Sybase SQL Anywhere 16.0 » SQL Anywhere サーバ データベース管理 » ユーザとデータベースのセキュリティ » ユーザのセキュリティ (ロールと権限)

 

ユーザ

すべての新規ユーザには、自動的に PUBLIC システムロールが付与されます。PUBLIC ロールを含む権限を編集することで、新規ユーザに自動的に付与される権限を制御できます。

デフォルトで新しいユーザに割り当てられる権限には以下が含まれます。

  • データベースへの接続 (ユーザのパスワードが指定されていることが前提)

  • システムビューに格納されているデータの表示

  • 大部分のシステムストアドプロシージャの実行

新しいユーザを作成すると、次を実行できます。

  • ユーザへのシステムロールおよびシステム権限の付与。

  • ユーザのオブジェクトレベル権限の設定。

  • そのユーザにログインポリシーを割り当てる。デフォルトでは、ユーザはルートログインポリシーに割り当てられます。

  • SQL Remote システムで使用するために、パブリッシャとしてまたはデータベースのリモートユーザとしてユーザを設定します。

 参照

ユーザの作成 (Sybase Central の場合)
ユーザの作成 (SQL の場合)
ユーザまたはロールのロールと権限を表示する (Sybase Central の場合)
ユーザまたはロールのロールと権限を表示する (SQL の場合)
ユーザの削除 (Sybase Central の場合)