Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SAP Sybase SQL Anywhere 16.0 » SQL Anywhere サーバ データベース管理 » ユーザとデータベースのセキュリティ » ユーザのセキュリティ (ロールと権限) » 権限

 

オブジェクトレベル権限

このリストでは、SQL Anywhere のオブジェクトレベル権限を説明しています。ユーザをクリックし、表示される詳細を確認すれば、ユーザが持つ Sybase Central のロールと権限を表示できます。また、sp_has_role システムプロシージャを使用して詳細を取得することもできます。ユーザまたはロールのロールと権限を表示する (Sybase Central の場合)ユーザまたはロールのロールと権限を表示する (SQL の場合)を参照してください。

権限名 データベースオブジェクトでのサポート対象 グループメンバーシップを通して継承可能か 付与時に WITH GRANT OPTION が許可されるか 説明
ALL テーブル、ビュー はい はい

データベースオブジェクトに関連するすべてのタスクを実行することをユーザに許可します。この権限は、ALTER、DELETE、INSERT、REFERENCES、SELECT、および UPDATE の各権限をテーブルに付与します。この権限は、DELETE、INSERT、SELECT、および UPDATE の各権限をビューに付与します。ALL を付与すると、LOAD および TRUNCATE 権限も付与されます。

ALTER テーブル はい はい テーブルの構造を変更することや、テーブルにトリガを作成することをユーザに許可します。この権限は、データベーススキーマを変更する権限をユーザに付与するものなので、ほとんどのユーザには付与する必要はありません。
CONNECT データベース いいえ いいえ 現在のデータベースに接続することをユーザに許可します。
CONSOLIDATE ユーザ いいえ いいえ SQL Remote で統合データベースを特定することをユーザに許可します。
CREATE ON DB 領域 はい はい

DB 領域で作成することをユーザに許可します。必要となる追加の権限は、作成されるオブジェクトによって異なります。たとえば、テーブルを作成するには、CREATE TABLE、CREATE ANY TABLE、または CREATE ANT OBJECT のいずれかが必要です。

DELETE テーブル、ビュー いいえ はい

テーブルまたはビューからローを削除することをユーザに許可します。

EXECUTE トリガ、プロシージャ、ユーザ定義関数 いいえ いいえ

プロシージャまたはユーザ定義関数を実行することをユーザに許可します。

INSERT テーブル、ビュー はい はい

テーブルまたはビューにローを挿入することをユーザに許可します。

INTEGRATED LOGIN データベース いいえ いいえ

統合化ログインを使用して現在のデータベースに接続することをユーザに許可します。

KERBEROS LOGIN データベース いいえ いいえ

Kerberos ログインを使用して現在のデータベースに接続することをユーザに許可します。

LOAD テーブル はい はい

-gl データベースオプションが NONE 以外のものに設定されている場合、テーブルをロードすることをユーザに許可します。

PUBLISH ユーザ いいえ いいえ

SQL Remote のデータベースのユーザ ID を特定します。

REFERENCES テーブル はい はい

テーブルへのインデックスの作成とテーブルを参照する外部キーの作成をユーザに許可します。また、この権限は、テーブル内の個別のカラムに対しても付与できます。この権限は、データベーススキーマを変更することをユーザに許可するものなので、ほとんどのユーザには付与する必要はありません。

カラム名を指定する場合、ユーザはテーブル内のそれらのインデックスのみを参照できます。

REMOTE ユーザ いいえ いいえ

SQL Remote および Mobile Link でリモートデータベースを特定することをユーザに許可します。

SELECT テーブル、ビュー はい はい

テーブルまたはビューへの問い合わせをユーザに許可します。また、この権限は、テーブル内の個別のカラムに対しても付与できます。

カラム名を指定する場合、ユーザはテーブル内のそれらのカラムのみを参照できます。

TRUNCATE テーブル、実体化ビュー はい はい

テーブルまたは実体化ビューのトランケートをユーザに許可します。

UPDATE テーブル、ビュー はい はい

テーブルまたはビューでローを更新することをユーザに許可します。また、この権限は、テーブル内の個別のカラムに対しても付与できます。

USAGE シーケンスジェネレータ いいえ はい

シーケンス内の現在の値または次の値を評価することをユーザに許可します。

 追加の注意事項
 参照