Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SAP Sybase SQL Anywhere 16.0 » SQL Anywhere サーバ プログラミング » .NET アプリケーションプログラミング

 

SQL Anywhere ASP.NET プロバイダ

SQL Anywhere ASP.NET プロバイダは、SQL Server の標準の ASP.NET プロバイダに代わり、SQL Anywhere データベースに基づいて Web サイトを運用できるようにします。プロバイダは 5 つあります。

  • メンバーシッププロバイダ   メンバーシッププロバイダは、認証と承認のサービスを提供します。メンバーシッププロバイダは、新しいユーザやパスワードの作成、ユーザの ID の検証に使用します。

  • ロールプロバイダ   ロールプロバイダには、役割の作成、役割へのユーザの追加、役割の削除のためのメソッドがあります。ロールプロバイダは、グループへのユーザの割り当てや、パーミッションの管理に使用します。

  • プロファイルプロバイダ   プロファイルプロバイダには、ユーザ情報の読み込み、保存、取得のためのメソッドがあります。プロファイルプロバイダは、ユーザ設定の保存に使用します。

  • Web パーツパーソナル化プロバイダ   Web パーツパーソナル化プロバイダには、パーソナル化した Web ページのコンテンツやレイアウトをロードしたり保存したりするためのメソッドがあります。Web パーツパーソナル化プロバイダは、ユーザによる Web サイトのパーソナル化したビューの作成を可能にするために使用します。

  • ヘルスモニタリングプロバイダ   ヘルスモニタリングプロバイダには、配備された Web アプリケーションのステータスをモニタリングするためのメソッドがあります。ヘルスモニタリングプロバイダは、アプリケーションのパフォーマンスのモニタリング、問題のあるアプリケーションやシステムの特定、重要なイベントのログと確認に使用します。

SQL Anywhere ASP.NET プロバイダで使用される SQL Anywhere データベースサーバのスキーマは、標準の ASP.NET プロバイダで使用されるスキーマと同じです。データを操作し、保存する方法は同じです。

SQL Anywhere ASP.NET プロバイダの設定を終了したら、Visual Studio ASP.NET の Web サイト管理ツールを使用して、ユーザと役割の作成および管理を実行できます。また、Visual Studio の Login、LoginView、PasswordRecovery の各ツールを使用して Web サイトにセキュリティを追加できます。プロバイダのより高度な機能を使用したり、独自のログイン制御を作成したりするには、静的ラッパークラスを使用します。

注意

Tutorial: Creating an ASP.NET Web Page Using SQL Anywhere』というホワイトペーパーでは、SQL Anywhere と Visual Studio 2010 を使用してデータベース駆動型 ASP.NET Web サイトを作成する方法を紹介しています。[external link] www.sybase.com/detail?id=1080238を参照してください。


ASP.NET プロバイダのデータベース設定
接続文字列の登録
SQL Anywhere ASP.NET プロバイダの登録
メンバーシッププロバイダの XML 属性
ロールプロバイダのテーブルスキーマ
プロファイルプロバイダのテーブルスキーマ
Web パーツパーソナル化プロバイダのテーブルスキーマ
ヘルスモニタリングプロバイダのテーブルスキーマ