Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SAP Sybase SQL Anywhere 16.0 » SQL Anywhere サーバ プログラミング » JDBC サポート

 

JDBC ドライバ

SQL Anywhere がサポートする JDBC ドライバは次のとおりです。

  • SQL Anywhere JDBC 4.0 ドライバ   このドライバは、Command Sequence クライアント/サーバプロトコルを使用して SQL Anywhere と通信します。ODBC、Embedded SQL、OLE DB アプリケーションと一貫性のある動作をします。SQL Anywhere JDBC 4.0 ドライバは、SQL Anywhere データベースに接続する場合の推奨 JDBC ドライバです。JDBC 4.0 ドライバは、JRE 1.6 以降でのみ使用できます。

    JDBC 4.0 ドライバは新しい自動 JDBC ドライバ登録を利用します。したがって、アプリケーションで JDBC 4.0 ドライバを使用すると、Class.forName 呼び出しを実行して JDBC ドライバをロードする必要がなくなります。代わりに、sajdbc4.jar ファイルをクラスファイルパスに配置し、jdbc:sqlanywhere で始まる URL を指定して、DriverManager.getConnection() を単に呼び出すのみとなります。

    JDBC 4.0 ドライバには、OSGi (Open Services Gateway initiative) バンドルとしてのロードを可能にするマニフェスト情報が含まれています。

    JDBC 4.0 ドライバの場合、NCHAR データのメタデータから java.sql.Types.NCHAR、NVARCHAR、または LONGNVARCHAR のカラム型が返されるようになりました。また、アプリケーションで、Get/SetString と Get/SetClob メソッドの代わりに Get/SetNString または Get/SetNClob メソッドを使用して NCHAR データをフェッチできるようになりました。

  • jConnect   このドライバは、100% pure Java ドライバです。TDS クライアント/サーバプロトコルを使用して SQL Anywhere と通信します。

    jConnect と jConnect のマニュアルは、[external link] http://www.sybase.com/products/allproductsa-z/softwaredeveloperkit/jconnectから入手できます。

使用するドライバを選択するときは、次の要因を考慮します。

  • 機能   SQL Anywhere JDBC 4.0 ドライバと jConnect は JDBC 4.0 に準拠しています。SQL Anywhere JDBC ドライバでは、SQL Anywhere データベースに接続したときにスクロール可能なカーソルを使用できます。jConnect JDBC ドライバでは、SQL Anywhere データベースサーバに接続したときは、スクロール可能なカーソルを使用できますが、結果セットはクライアント側でキャッシュされます。jConnect JDBC ドライバでは、Adaptive Server Enterprise データベースに接続したときに、スクロール可能なカーソルを使用できます。

    JDBC 4.0 API のマニュアルは、[external link] http://www.oracle.com/technetwork/java/javase/tech/index-jsp-136101.html から入手できます。SQL Anywhere JDBC ドライバがサポートする JDBC API メソッドの概要については、JDBC 4.0 API のサポートを参照してください。

  • Pure Java   jConnect ドライバは pure Java ソリューションです。SQL Anywhere JDBC ドライバは、pure Java ソリューションではなく、SQL Anywhere ODBC ドライバに基づいています。

  • パフォーマンス   ほとんどの用途で、SQL Anywhere JDBC ドライバのパフォーマンスが jConnect ドライバを上回ります。

  • 互換性   jConnect ドライバで使用される TDS プロトコルは、Adaptive Server Enterprise と共有されます。ドライバの動作の一部は、このプロトコルで制御されており、Adaptive Server Enterprise との互換性を持つように設定されています。

SQL Anywhere JDBC ドライバと jConnect のプラットフォームの対応状況については、[external link] http://www.sybase.com/detail?id=1061806を参照してください。

 参照