Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SAP Sybase SQL Anywhere 16.0 » SQL Anywhere サーバ プログラミング » 3 層コンピューティングと分散トランザクション » 3 層コンピューティングのアーキテクチャ

 

分散トランザクションのアーキテクチャ

次の図は、分散トランザクションのアーキテクチャを示しています。この場合、リソースマネージャプロキシは ADO.NET、OLE DB、または ODBC です。

分散トランザクションのアーキテクチャ。上部のアプリケーションサーバのクライアントシステムは、リソースマネージャプロキシを介して下部の 2 つのデータベースサーバシステムに接続しています。

この場合、単一のリソースディスペンサーが使用されています。アプリケーションサーバは、DTC にトランザクションの準備を要求します。DTC とリソースディスペンサーは、トランザクション内の各接続をエンリストします。作業を実行し、必要に応じてトランザクションステータスを DTC に通知するためには、各リソースマネージャが DTC とデータベースの両方にアクセスする必要があります。

分散トランザクションを操作するには、各コンピュータ上で分散トランザクションコーディネーター (DTC) サービスを実行中にしてください。Microsoft Windows の [サービス] ウィンドウから DTC を開始または停止できます。DTC は、MSDTC という名前で表示されます。

詳細については、DTC または EAServer のマニュアルを参照してください。