Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SAP Sybase SQL Anywhere 16.0 » SQL Anywhere サーバ プログラミング » データベースおよびアプリケーションの配備 » インストールディレクトリとファイル名

 

ファイルの命名規則

SQL Anywhere では、一貫したファイル命名規則を使用して、システムコンポーネントを簡単に識別してグループ分けできるようにしています。

これらの規則は、次のとおりです。

  • バージョン番号   SQL Anywhere のバージョン番号は、メインサーバコンポーネント (実行ファイル、ダイナミックリンクライブラリ、共有オブジェクト、ライセンスファイルなど) のファイル名に示されます。

    たとえば、ファイル dbsrv16.exe は Windows 用のバージョン 16 の実行プログラムです。

  • Language   言語リソースライブラリで使用される言語は、ファイル名の中の 2 文字のコードで示されます。バージョン番号の前の 2 文字が、ライブラリで使用されている言語を示します。たとえば、dblgen16.dll は英語版のメッセージリソースライブラリです。これらの 2 文字のコードは ISO 標準 639-1 に準拠したものです。

    言語ラベルの詳細については、言語選択ユーティリティ (dblang)を参照してください。

    SQL Anywhere で使用できる言語リストについては、SQL Anywhere のローカライズ版を参照してください。

 その他のファイルタイプ
 データベースファイル名