Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SAP Sybase SQL Anywhere 16.0 » SQL Anywhere サーバ プログラミング » HTTP Web サービス » HTTP Web サーバとしての SQL Anywhere » HTTP Web サーバで Web サービスアプリケーションを開発する方法 » HTTP サーバでの HTTP セッションの管理

 

非アクティブな HTTP セッションを検出する方法

SessionCreateTime および SessionLastTime 接続プロパティを使用して、現在の接続がセッションコンテキスト内にあるかどうかを確認できます。いずれかの接続プロパティクエリから空の文字列が返された場合、HTTP 要求はセッションコンテキスト内で実行されていません。

SessionCreateTime 接続プロパティは、指定したセッションがいつ作成されたかを確認する基準になります。このプロパティは、SessionID を確立するために sa_set_http_option システムプロシージャを呼び出したときに、初めて定義されます。

SessionLastTime 接続プロパティは、最後に処理されたセッション要求が、その前の要求の終了時にデータベース接続を解放した時刻を示します。セッションが初めて作成されたときから、そのセッションを作成した要求が接続を解放するまでの間は、このプロパティに空の文字列が返されます。

注意

セッションのタイムアウト期間は、http_session_timeout オプションを使用して調整できます。

 例
 参照