Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SAP Sybase SQL Anywhere 16.0 » SQL Anywhere サーバ プログラミング » .NET アプリケーションプログラミング » SQL Anywhere .NET データプロバイダ » データへのアクセスとデータの操作

 

SACommand:ExecuteNonQuery を使用したローの挿入、削除、更新

SACommand オブジェクトを使用してローを挿入、更新、削除するには、ExecuteNonQuery 関数を使用します。ExecuteNonQuery 関数は、結果セットを返さないクエリ (SQL 文またはストアドプロシージャ) を発行します。

変更 (挿入、更新、または削除) を行うことができるのは、単一テーブルのデータのみです。ジョインに基づく結果セットは更新できません。SACommand オブジェクトを使用するには、データベースに接続してください。

AUTOINCREMENT プライマリキーのプライマリキー値の取得に関する詳細については、SACommand:新しく挿入したローのプライマリキー値の取得を参照してください。

SQL 文の独立性レベルを設定するには、SACommand オブジェクトを SATransaction オブジェクトの一部として使用します。SATransaction オブジェクトを使用しないでデータを修正すると、プロバイダはオートコミットモードで動作し、実行した変更内容は即座に適用されます。Transaction 処理を参照してください。

 C# の ExecuteNonQuery DELETE および INSERT の例
 C# の ExecuteNonQuery UPDATE の例
 参照