Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SAP Sybase SQL Anywhere 16.0 » SQL Anywhere サーバ プログラミング » データベースおよびアプリケーションの配備 » Deployment ウィザード

 

Deployment ウィザードの実行

SQL Anywhere Deployment ウィザードは、Windows 用のデータベースおよびアプリケーションの配備を作成するのに使用します。

前提条件

Windows オペレーティングシステム

内容と備考

データベースおよびアプリケーションの配備

 ♦ タスク
  1. Deployment ウィザードを実行するには、[スタート] » [プログラム] » [SQL Anywhere 16] » [管理ツール] » [Windows に展開] をクリックします。

  2. ウィザードの指示に従います。

  3. 配備パッケージの作成に使用した製品コードを控えておいてください。製品コードは、たとえば {7C99D24E-AE1B-4770-9015-65B805950E3D} のようになっています。後でパッケージをアンインストールする場合にこの製品コードを使用できます。

結果

選択した [インストール先パス] には、配備パッケージ (sqlany16.msi など) とログファイル (sqlany16.msi.log など) が格納されます。

次の手順

配備パッケージの作成が完了したら、インストールしてテストしてください。

SQL Anywhere インストール環境の Deployment サブフォルダから Deployment ウィザードを実行することもできます。例:

%SQLANY16%\Deployment\DeploymentWizard.exe

 参照