Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SAP Sybase SQL Anywhere 16.0 » SQL Anywhere サーバ プログラミング

 

Embedded SQL

C または C++ のソースファイルに組み込まれた SQL 文を、Embedded SQL と呼びます。プリプロセッサがそれらの SQL 文をランタイムライブラリの呼び出しに変換します。Embedded SQL は ISO/ANSI および IBM 規格です。

Embedded SQL は他のデータベースや他の環境に移植可能であり、あらゆる動作環境で同等の機能を実現します。Embedded SQL は、それぞれの製品で使用可能なすべての機能を提供する包括的な低レベルインタフェースです。Embedded SQL を使用するには、C または C++ プログラミング言語に関する知識が必要です。

 Embedded SQL アプリケーション

開発プロセスの概要
SQL プリプロセッサ
対応コンパイラ
Embedded SQL ヘッダファイル
インポートライブラリ
サンプル Embedded SQL プログラム
Embedded SQL プログラムの構造
Windows での DBLIB の動的ロード
サンプル Embedded SQL プログラム
Embedded SQL のデータ型
Embedded SQL のホスト変数
SQLCA (SQL Communication Area)
静的 SQL と動的 SQL
SQLDA (SQL descriptor area)
Embedded SQL を使用してデータをフェッチする方法
Embedded SQL を使用して long 値を送信し、取得する方法
Embedded SQL での簡単なストアドプロシージャ
Embedded SQL を使用した要求管理
Embedded SQL を使用したデータベースのバックアップ
ライブラリ関数のリファレンス
Embedded SQL 文のまとめ