Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SAP Sybase SQL Anywhere 16.0 » SQL Anywhere サーバ プログラミング » HTTP Web サービス » HTTP Web サーバとしての SQL Anywhere » Web サービスとは?

 

Web サービスの管理

Web サービスの管理には、次のタスクが関係します。

  • Web サービスの作成または変更   Web ブラウザインタフェースをサポートする Web アプリケーションを提供し、REST および SOAP 手法を使用して Web を介したデータ交換を提供するために、Web サービスを作成または変更します。汎用 HTTP Web サービスの作成例については、HTTP Web サーバとして SQL Anywhere を使用するためのクイックスタートを参照してください。

  • Web サービスの削除   Web サービスを削除すると、そのサービスに対して作成された後続の要求によって 404 Not Found HTTP ステータスメッセージが返されます。root Web サービスが存在する場合、すべての未解決の要求 (意図的なまたは意図的でない) が処理されます。

  • Web サービスのコメント付け   コメント付けはオプションであり、Web サービスに関するドキュメントを提供できます。

  • root Web サービスの作成とカスタマイズ   root Web サービスを作成して、他の Web サービス要求と一致しない HTTP 要求を処理できます。

  • Web サービスの有効化と無効化   無効化された Web サービスからは、404 Not Found HTTP ステータスメッセージが返されます。METHOD 句は、特定の Web サービスに対して呼び出しできる HTTP メソッドを指定します。CREATE SERVICE 文 [HTTP Web サービス] を参照してください。


Web サービスを作成または変更する方法
Web サービスを削除する方法
Web サービスにコメントを付ける方法
root Web サービスを作成し、カスタマイズする方法
Web サービスの SQL 文