Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SAP Sybase SQL Anywhere 16.0 » SQL Anywhere サーバ プログラミング » データベースおよびアプリケーションの配備 » データベースサーバの配備

 

Intel ストレージドライバの堅牢性の向上

レジストリの EnableFlush パラメータを指定して、特定の Intel ストレージドライバを使用するシステムの停電に対する堅牢性を向上させます。このパラメータがないと、停電発生時にデータが失われたり、データベースが破損したりする可能性があります。

前提条件

この作業を実行するための前提条件はありません。

 ♦ タスク
  1. 次のレジストリエントリが存在するかどうかを確認してください。

    HKEY_LOCAL_MACHINE\System\CurrentControlSet\Services\iastor\Parameters\
  2. レジストリエントリが存在する場合、キー内の EnableFlush という REG_DWORD の値を追加し、1 のデータ値を割り当てます。

  3. 次のレジストリエントリが存在するかどうかを確認してください。

    HKEY_LOCAL_MACHINE\System\CurrentControlSet\Services\iastorv\Parameters\
  4. レジストリエントリが存在する場合、キー内の EnableFlush という名前の REG_DWORD 値を追加し、1 のデータ値を割り当てます。

結果

EnableFlush パラメータが指定され、停電が発生した場合のデータ損失を防ぎます。

次の例は、両方の可能な場所の EnableFlush パラメータを指定するレジストリファイルを示します。

REGEDIT4
[HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\iastor\Parameters]
"EnableFlush"=dword:00000001

[HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\iastorv\Parameters]
"EnableFlush"=dword:00000001