Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SAP Sybase SQL Anywhere 16.0 » SQL Anywhere サーバ プログラミング » SQL を使用したアプリケーション開発 » カーソルの原則

 

カーソルによるローのフェッチ

カーソルを使用してクエリの結果セットをもっとも簡単に処理するには、ローがなくなるまで結果セットのすべてのローをループします。これらの手順を実行すると、このタスクを実行できます。

  1. カーソル (Embedded SQL) を宣言して開くか、結果セット (ODBC、JDBC、Open Client) または SADataReader オブジェクト (ADO.NET) を返す文を実行します。

  2. ローが見つかりません。」というエラーが表示されるまで、次のローをフェッチし続けます。

  3. カーソルを閉じます。

次のローをフェッチするために使用する方法は、使用するインタフェースによって異なります。次に例を示します。

  • ADO.NET   SADataReader.Read メソッドを使用します。SADataReader.Read メソッド [SQL Anywhere .NET]を参照してください。

  • ODBC   SQLFetch、SQLExtendedFetch、または SQLFetchScroll が次のローにカーソルを進め、データを返します。

    ODBC でのカーソルの使用については、ODBC アプリケーションの結果セットを参照してください。

  • JDBC   ResultSet オブジェクトの next メソッドがカーソルを進め、データを返します。

    JDBC での ResultSet オブジェクトの使用については、Java から結果セットを返す方法を参照してください。

  • Embedded SQL   FETCH 文が同じ操作を実行します。

    Embedded SQL でカーソルを使用する方法の詳細については、Embedded SQL でのカーソルを参照してください。

  • Open Client   ct_fetch 関数が次のローにカーソルを進め、データを返します。

    Open Client アプリケーションでのカーソルの使用については、Open Client カーソルの管理を参照してください。