Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SAP Sybase SQL Anywhere 16.0 » SQL Anywhere サーバ プログラミング » JDBC サポート » JDBC を使用したデータへのアクセス

 

より効率的なアクセスのために準備文を使用する方法

Statement インタフェースを使用する場合は、データベースに送信するそれぞれの文を解析してアクセスプランを生成し、文を実行します。実行する前の手順を、文の「準備」と呼びます。

PreparedStatement インタフェースを使用すると、パフォーマンス上有利になります。これによりプレースホルダを使用して文を準備し、文の実行時にプレースホルダへ値を割り当てることができます。

たくさんのローを挿入するときなど、同じ動作を何度も繰り返す場合は、準備文を使用すると特に便利です。

 例
 注意