Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SAP Sybase SQL Anywhere 16.0 » SQL Anywhere サーバ プログラミング » JDBC サポート » JDBC を使用したデータへのアクセス

 

JDBC サンプルの準備

次の項に記載されているコードフラグメントは、完全なクラス %SQLANYSAMP16%\SQLAnywhere\JDBC\JDBCExample.java から引用しています。これらの項の準備として、サンプル Java アプリケーションはコンパイルされ、データベースにインストールされます。

前提条件

Java Development Kit (JDK) をインストールしている必要があります。

クラスをインストールするには、MANAGE ANY EXTERNAL OBJECT システム権限が必要です。

 ♦ タスク
  1. JDBCExample.java ソースコードをコンパイルします。

  2. Interactive SQL からデータベースに接続します。

  3. Interactive SQL で次の文を実行して、JDBCExample.class ファイルをサンプルデータベースにインストールします。

    INSTALL JAVA NEW
    FROM FILE 'JDBCExample.class';

    データベースサーバがクラスファイルと同じディレクトリから起動されず、クラスファイルへのパスがデータベースサーバの CLASSPATH にリスト表示されていない場合、クラスファイルへのパスを INSTALL 文に含める必要があります。

    Sybase Central を使用してクラスをインストールすることもできます。サンプルデータベースに接続している間に、[外部環境] フォルダの [Java] サブフォルダを開き、[ファイル] » [新規] » [Java クラス] をクリックします。ウィザードの指示に従います。

結果

JDBCExample クラスファイルがデータベースにインストールされ、デモの準備が完了しました。