Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SAP Sybase SQL Anywhere 16.0 » SQL Anywhere サーバ プログラミング » Python サポート

 

UNIX と Mac OS X での Python サポートのインストール

Python サポートは、SQL Anywhere インストール環境の sdk/python サブフォルダから該当する設定 Python スクリプトを実行し、Windows に設定できます。

前提条件

Python および ctypes モジュールがインストールされていることを確認します。サポートされる Python のバージョンのリストについては、[external link] http://www.sybase.com/detail?id=1068981を参照してください。

 ♦ タスク
  1. SQL Anywhere の環境が設定されていることを確認します。

    使用しているシェルに応じて適切なコマンドを入力して、SQL Anywhere のインストールディレクトリから SQL Anywhere の設定スクリプトのコマンドを実行します (64 ビットのソフトウェアがインストールされている場合は、bin32 の代わりに bin64 を使用できます)。

    シェル 使用するコマンド
    sh、ksh、または bash . bin32/sa_config.sh
    csh または tcsh source bin32/sa_config.csh
  2. シェルプロンプトで、SQL Anywhere インストール環境の sdk/python サブフォルダに移動します。

  3. 次のコマンドを入力して sqlanydb をインストールします。

    python setup.py install
  4. sqlanydb をテストするには、サンプルデータベースのコピーを現在のディレクトリに作成し、テストを実行します。

    newdemo
    dbsrv16 demo
    python scripts/test.py

    テストスクリプトによりデータベースサーバに接続され、SQL クエリが実行されます。正常に動作すると、sqlanydb successfully installed. というメッセージが表示されます。

    テストが行われない場合は、SQL Anywhere インストール環境の bin32 または bin64 サブフォルダがパスに含まれていることを確認してください。

結果

これで、sqlanydb モジュールが使用可能になりました。