Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SAP Sybase SQL Anywhere 16.0 » SQL Anywhere サーバ プログラミング » ODBC サポート

 

ODBC によって変更されるサーバオプション

SQL Anywhere ODBC ドライバは、SQL Anywhere データベースへの接続時に一部のテンポラリサーバオプションを設定します。次のオプションが、以下で示すように設定されます。

  • date_format   yyyy-mm-dd

  • date_order   ymd

  • isolation_level   SQLSetConnectAttr の SQL_ATTR_TXN_ISOLATION/SA_SQL_ATTR_TXN_ISOLATION 属性の設定に基づく。次のオプションを使用できます。
    SQL_TXN_READ_UNCOMMITTED
    SQL_TXN_READ_COMMITTED
    SQL_TXN_REPEATABLE_READ
    SQL_TXN_SERIALIZABLE
    SA_SQL_TXN_SNAPSHOT
    SA_SQL_TXN_STATEMENT_SNAPSHOT
    SA_SQL_TXN_READONLY_STATEMENT_SNAPSHOT

  • time_format   hh:nn:ss

  • timestamp_format   yyyy-mm-dd hh:nn:ss.ssssss

  • timestamp_with_time_zone_format   yyyy-mm-dd hh:nn:ss.ssssss +hh:nn

デフォルトのオプション設定に戻すには、SET 文を実行します。次に、timestamp_format オプションをリセットする文の例を示します。

set temporary option timestamp_format =
 参照