Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SAP Sybase SQL Anywhere 16.0 » SQL Anywhere サーバ プログラミング » JDBC サポート

 

JDBC アプリケーション

JDBC API を使用して SQL Anywhere に接続する Java アプリケーションを開発できます。デバッガ、Sybase Central、Interactive SQL など、SQL Anywhere に付属のアプリケーションのいくつかは JDBC を使用しています。

JDBC を使用して SQL Anywhere に接続するアプリケーション。

また、Java と JDBC は Ultra Light アプリケーションを開発するための重要なプログラミング言語です。

JDBC はクライアントアプリケーションからとデータベース内からの両方で使用できます。JDBC を使用する Java クラスは、データベースにプログラミング論理を組み込むための、SQL ストアドプロシージャに代わるさらに強力な方法です。

JDBC は Java アプリケーションを操作するための SQL インタフェースです。Java からリレーショナルデータにアクセスするには、JDBC 呼び出しを使用します。

「クライアントアプリケーション」は、ユーザのコンピュータで動作するアプリケーションを指す場合と、中間層アプリケーションサーバで動作する論理を指す場合があります。

それぞれの例では、SQL Anywhere で JDBC を使用する特徴的な機能を示しています。JDBC プログラミングの詳細については、JDBC プログラミングの参考書を参照してください。

SQL Anywhere では、JDBC を次のように使用します。

  • クライアント側で JDBC を使用する   Java クライアントアプリケーションは SQL Anywhere に対して JDBC 呼び出しができます。接続は JDBC ドライバを介して行われます。

    SQL Anywhere には JDBC 4.0 ドライバ (Type 2 JDBC ドライバ) が含まれており、pure Java アプリケーション用の jConnect ドライバ (Type 4 JDBC ドライバ) もサポートしています。

  • データベース側で JDBC を使用する   データベースにインストールされている Java クラスは JDBC 呼び出しを行って、データベース内のデータにアクセスしたり、修正したりできます。これには内部 JDBC ドライバを使用します。

 JDBC リソース
 参照