Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SAP Sybase SQL Anywhere 16.0 » SQL Anywhere サーバ プログラミング » HTTP Web サービス » HTTP Web サーバとしての SQL Anywhere » HTTP Web サーバを起動する方法

 

ネットワークプロトコルオプションの設定

ネットワークプロトコルオプションは、指定された Web サービスプロトコルを制御するための省略可能な設定です。-xs データベースサーバオプションを指定してデータベースサーバを起動すると、これらの設定をコマンドラインで実行できます。-xs データベースサーバオプションを参照してください。

たとえば、次のコマンドラインは、PORT、FIPS、Identity、Identity_Password ネットワークプロトコルオプションを指定した HTTPS リスナを設定します。

dbsrv16 -xs https(PORT=544;FIPS=YES;
    IDENTITY=certificate.id;IDENTITY_PASSWORD=password) your-database-name.db

このコマンドは、your-database-name.db データベースに対して、HTTPS Web サービスプロトコルを有効にするデータベースサーバを起動します。ネットワークプロトコルオプションは、Web サーバが次のタスクを実行することを示します。

次の表に、Web サービスプロトコルで一般的に使用されるネットワークプロトコルオプションを示します。

ネットワークプロトコルオプション 使用可能な Web サービスプロトコル 説明
DatabaseName (DBN) プロトコルオプション HTTP、HTTPS Web 要求を処理するときに使用するデータベースの名前を指定します。また、REQUIRED や AUTO キーワードを使用して URL の一部としてデータベース名が必要かどうかを指定します。
FIPS プロトコルオプション HTTPS データベースファイルを暗号化したり、データベースクライアント/サーバ通信や Web サービスにおける通信を暗号化するために、FIPS 認定のセキュリティアルゴリズムを有効にします。
Identity プロトコルオプション HTTPS セキュア HTTPS 接続に使用する ID ファイルの名前を指定します。
Identity_Password プロトコルオプション HTTPS 暗号化証明書のパスワードを指定します。
LocalOnly (LO) プロトコルオプション HTTP、HTTPS クライアントがローカルコンピュータ上のサーバ (存在する場合) にのみ接続できるようにします。
LogFile (LOG) プロトコルオプション HTTP、HTTPS データベースサーバが Web 要求に関する情報を書き込むファイル名を指定します。
LogFormat (LF) プロトコルオプション

HTTP、HTTPS

データベースサーバがログファイルに書き込む Web 要求に関する情報メッセージのフォーマットを制御し、メッセージに表示されるフィールドを指定します。

LogOptions (LOPT) プロトコルオプション HTTP、HTTPS データベースサーバがログに記録する Web 要求に関する情報メッセージのタイプを指定します。
ServerPort (PORT) プロトコルオプション HTTP、HTTPS データベースサーバが受信しているポートを指定します。
 参照