Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SAP Sybase SQL Anywhere 16.0 » SQL Anywhere サーバ SQL リファレンス » SQL データ型

 

データ型変換

型の変換は自動的に発生することもあれば、CAST または CONVERT 関数を使って明示的に型変換が要求されることもあります。次の関数を使うことによっても、強制的に型変換を実行できます。

  • DATE 関数   式を日付に変換し、時間、分、秒を削除します。変換エラーがあればレポートされます。

  • DATETIME 関数   式を TIMESTAMP に変換し、タイムゾーンがあれば削除します。変換エラーがあればレポートされます。

  • STRING 関数   この関数は CAST(value AS LONG VARCHAR) と同じです。

  • VALUE+0.0   CAST ( value AS DECIMAL) と同じです。

自動データ型変換の概要を次に示します。

  • 数値式の中、あるいは引数として数値が期待される関数への引数として文字列を使う場合は、文字列は数字に変換されます。

  • 文字列式の中、あるいは文字列関数の引数として数字を使う場合は、数字は文字列に変換されてから使用されます。

  • すべての日付定数は文字列として指定されます。文字列は、自動的に日付に変換されてから使用されます。

自動的なデータベース変換が適切ではない場合があります。たとえば、次の例では自動データ型変換が失敗します。

'12/31/90' + 5
'a' > 0
 参照

NCHAR から CHAR への変換
NUMERIC 型と文字列型への NULL 定数の変換
ビット配列の変換
数値セットの変換
Java と SQL のデータ型変換