Click here to view and discuss this page in DocCommentXchange. In the future, you will be sent there automatically.

SAP Sybase SQL Anywhere 16.0 » SQL Anywhere サーバ SQL リファレンス » テーブル » システムテーブル

 

DUMMY システムテーブル

カラム名 カラム型 カラム制約 テーブル制約
dummy_col INTEGER NOT NULL

DUMMY テーブルは、常に 1 つだけのローを持つ、読み込み専用のテーブルとして提供されています。これはデータベースから情報を抽出するのに役立ちます。次に、データベースから現在のユーザ ID と今日の日付を取り出す例を示します。

SELECT USER, today(*) FROM SYS.DUMMY;
SELECT USER, today(*);
  • dummy_col   このカラムは使用されません。テーブルはカラムなしでは作成できないので、このカラムが存在します。

    SYS.DUMMY テーブルからの読み取りコストは、同様のユーザ作成テーブルからの読み取りコストよりも低いです。これは、SYS.DUMMY のテーブルページにラッチがないためです。

    アクセスプランは、SYS.DUMMY テーブルのスキャンによって構築されるわけではありません。そうではなく、SYS.DUMMY への参照がローコンストラクタアルゴリズムに置き換えられ、これがテーブル参照を仮想化します。これにより、SYS.DUMMY の使用に伴う競合を排除できます。DUMMY は、テーブル名か相関名またはその両方として、短いプラン、長いプラン、グラフィカルなプランに引き続き表示されます。